心の問題は心療内科で温かなケアを|ガラスハートの回復治療

カウンセリングを受ける人

ピックアップ

早期治療で解決

笑顔の医師と患者

早期発見をして病気治療をすればダメージ低く済みます。うつの状態が長期に続くのであれば心療内科でアドバイザーに相談をすることで、悩み解決のための答えを導き出してくれます。

腸内環境の悪化

お酒を飲む人

ストレスの影響で健康的な腸内環境を悪化させてしまうことがあります。こうしたことがきっかけで過敏性腸症候群になる人も多いため、ストレスを無くすために心療内科へ通うと効果的です。

Contents

毎日の生活リズム

頭を抱える人

食生活や睡眠、運動などが全て不規則であれば免疫システムが低下してしまい、病気になりやすいです。ストレスが溜まるのは会社だけではなく毎日の生活の仕方でも変わってくるので、心療内科でアドバイスを受けることが大切です。

心の病気の一つ

頭を抑える女性

ストレス社会となっている現代ではストレスを抱える人が増えてきています。ストレスが溜まることによって起こる心身症は、心療内科で心理的に改善をしていかなければ完治することは難しいです。

気分障害の症状

医師と女性の患者

精神的に疲れることからうつ病を発症する人も多いですが、うつ病には精神的なものや身体的な症状が現れます。心療内科ではこれらの症状を抑えるため、その人に合う治療を提案しています。

生理の精神的症状

問診風景

女性は大人の身体つきになると生理が始まります。生理の症状は女性によって違いますが、症状が重い人は月経によって気分障害が出てしまいます。心療内科ではそうした障害を改善する治療を行なっています。

環境の問題が関わる

人間は環境の変化によってストレスを抱えてしまうことがあります。その環境が居心地の良いものであればストレスは溜まりにくいですが、逆になると毎日ストレスが溜まってしまいます。環境面で最もストレスが溜まりやすいとされているのが会社での上下関係です。会社は毎日通わなければなりませんが、そうした劣悪な環境であれば日々勤務するだけでも疲れてしまいます。そうしたストレスが多いことから心身の体調悪化になり、最悪の場合うつ病になることがあります。環境を変えることで改善できるのであれば一刻も早く変える必要がありますが、何らかの事情があってすぐに変えることができない場合は空いた時間を利用してストレス発散をしましょう。ストレス発散といっても人によってその方法は異なりますが、好きなものを食べることや趣味に没頭、または気分転換に旅行へ出かけるなどがあります。心を休ませることができれば交感神経や副交感神経のバランスも整って自律神経も異常に機能することはありません。

もしそれでもストレスを解消できずに身体面で体調悪化になってしまったら、すぐに心療内科へ行きましょう。心療内科での治療によって悩み改善へと導いてくれますが、症状改善をするために鍵となるのはやはり自分自身の心です。いつまでも心が弱いと心療内科での治療を受けたとしても根本的に治療完了をすることはできません。心療内科に通いながら悩みの改善法と、今自分に必要なことを把握した上で実行していけば解決への道を少しずつ開くことができるはずです。心療内科では薬物療法やカウンセリングなどの治療を行なっていますが、どれも100%の効果を発揮するとはいえません。自分次第でその確率を上げることができるので、心身症などの問題改善をしたい方は積極的に治療へ取り組んでいくことが大切です。また食事法なども規則正しいものに改善していくことで、身体の内側から健康体を取り戻すことができます。