心の問題は心療内科で温かなケアを|ガラスハートの回復治療

医師とカウンセリングを受ける患者

生理の精神的症状

問診風景

毎月生理がくるので、女性は毎回生理が来る時を予想して備えておく必要があります。女性は生理前や生理中、生理後に性格が少し変わると言われていますが、その原因は女性ホルモンのバランスによるものとされています。イライラする人や倦怠感、お腹の痛みなどが主な症状ですが、その他にも集中力が低下する人や腰痛、睡眠不足に陥ることがあります。生理の度にこうした症状が起こると大変ですが、人によっては気分障害が出てしまいます。気分障害になると精神的にも不安定になってしまうため、そういった症状が出る方は心療内科で治療を受けることで精神的にリラックスをすることができます。基本的に生理の時は産婦人科へ訪れるのが一般的ですが、精神面を改善したいときは心療内科でカウンセリングを受けると良いでしょう。精神的なものから月経不順になる人も多いですが、そうなると妊娠できる確率も低くなってしまいます。月経不順はストレスが影響して起こるため、ストレス緩和のために心療内科で治療を行えば妊娠しやすい身体づくりへ一歩ずつ進めることができます。

心療内科で治療を受けるときには、そのクリニックのことも予め調べておくことも大切です。心療内科によって在籍する専門医も違いますが、女性特有の生理不順などの問題は相談しやすい女性医師を見つけると良いでしょう。インターネットでは自分の希望に合った専門院を探すことができるので、様々な専門院の料金形態やサービス、治療方法などを参考にしましょう。またクリニックによってはうつ病や生理不順などの原因や治療法についてのコラムも掲載されているので、そうした情報を見ることで症状に関する知識を深めることができます。