心の問題は心療内科で温かなケアを|ガラスハートの回復治療

医師とカウンセリングを受ける患者

心の病気の一つ

頭を抑える女性

少しのストレスだけではちょっとした体調不良になることもありますが、そのストレスが長い期間続くとストレスが原因で起こる病気になりやすいです。胃潰瘍や過敏性腸症候群、十二指腸潰瘍などは日頃のストレスも大きく関係しているとされているため、普段からストレスを溜めている人は重大な病気にならないために気をつけなければなりません。心に強いストレスを受けることでこうした病気を引き起こすことがありますが、一般的にこの症状は心身症と呼ばれています。心身症は病気を改善するだけではなく、心の中も悩み改善をしてストレスを軽くする必要があります。現代はストレス社会なのでこうした心身症の問題を抱える人が増加傾向にありますが、心身症になると脳の動きも低下することから自覚症状がないとされています。単なる身体の疲れだと感じていても、実際は心身症であることもあるので、心療内科へ受診をして隠された病を知ることが大切です。心身症はストレスを改善するだけでは解決というわけではないため、心療内科で心理的な治療を長期的に行なうことが必要になります。

心身症には偏頭痛や高血圧、月経不順などの症状が発生しますが、いずれもストレスが関与している可能性が高いので、これらの病気にかかったときはストレスを溜めていないか意識をしましょう。特に女性は女性ホルモンの働きが鈍くなることで生理が遅れることもあるので、それが影響して排卵日を特定できずに妊娠できない方もいます。ストレスは心療内科のプロに相談をして悩みを聞いてもらうだけでも抱えている悩みを少しすっきりさせることができます。その人の状態によっては心療内科ではなく精神科で本格的に治療を行なう場合もあります。