心の問題は心療内科で温かなケアを|ガラスハートの回復治療

医師とカウンセリングを受ける患者

腸内環境の悪化

お酒を飲む人

身体の中でも腸内はとてもデリケートだとされており、少しのストレスでも腸内に刺激を与えてしまいます。そうなると腸内には活動を活発にする善玉菌の数が減少し、代わりに腸内に悪影響を及ぼす悪玉菌が増えてしまいます。過剰なストレスが原因で起こる症状の一つとして過敏性腸症候群があり、日常生活の中では下痢や便秘などの問題を引き起こしてしまいます。ストレスが原因となる症状は病院での検査でも異常なしになるため、その時は心療内科へ行って精神的な部分を治療していきましょう。心療内科ではカウンセリングをしていき、患者の心身をリラックスさせてストレス軽減をするので、定期的に治療を受けることで心の病を少しずつ解決していくことができます。ストレスから引き起こされる病は数多くありますが、治療薬だけでは難しいので心の内に抱えるストレスをスッキリさせる必要があります。心療内科では心身症の他にも過敏性腸症候群やストレスなどから起こる消化器系の病気などの症状改善を目指しています。

心療内科ではカウンセリング療法をしていきますが、必要であれば薬物療法で症状を抑えていきます。薬とともにカウンセリングなどの心理療法を行なうことで相乗効果を発揮します。心療内科にはプロのカウンセラーが在籍しているので、悩みを聞いてもらいたいときはカウンセリングをしましょう。心の悩みは自分自身にしか解決できませんが、カウンセラーは話を聞いてその人が問題解決できるようにアドバイスをしています。そのアドバイスを今後どう活かすのかは自分次第ですが、今後の人生を変えるためには自分から行動を起こすことも大切なことです。